ご相談・お問い合わせ

お庭をロックガーデンでおしゃれに。費用とデザイン事例

ロックガーデンのある庭
ロックガーデン造園家から伝えておきたいこと

ロックガーデンとは?

About Rock garden

まずはそのメリットと魅力

一般的には、景石やゴロタの石を置き、その間から草花を植えて、より自然に近い形で、山や海などの美観をくり抜いたモノで、ようは花壇の中にお庭を作る、ものがロックガーデン。

ロックガーデンは時間もかからず簡単にできます。今ある花壇に石を置いてみるだけで、格段にオシャレになり、気分も気持ちよくなり、手間いらずなのも特徴です。

小さな花壇の敷地にも作れますので、スペースが小さい方にもオススメ。もし水をやるのにも、時間がない方などは、石と多肉植物とサボテンなどで、ドライガーデンにすれば、その手間もほとんどないようになります。

ロックガーデンはデメリットとなる注意点もある

今ある花壇でおしゃれなロックガーデンができて、手間も掛からず、費用もリーズナブルなのですが、気をつけることもあります。

石の間から雑草が生える点です。

植物に詳しくない方は、どれが雑草でどれが植えたものなのか、わからなくなるかもしれません。

その時の対処方法としては、防草シートを引く方法になります。面倒ですが、後々とても楽になりますよ。

ロックガーデンは、それさえ踏まえればとてもwelcomeな花壇になって、訪れる人を笑顔にしてくれます。たったこれだけで印象も雰囲気もガラッと変わるので、忙しい毎日にきれいな花を咲かせてくれることは、間違いないです。

オシャレなロックガーデン作り・3つの心得

Point

必要な材料

まずは、景石で。

今ではホームセンターでも売っていますので、いろいろ見つけられますよ。

なかでもオススメは

  • » 美濃石
  • » 戸隠石
  • » ミカモ石
  • » おがせ石

などです、色を付けて雰囲気を変えたい方は、イエローやレッドの入った石もありますので、探してみてください。

ロックガーデンの画像

草花はどうすればよい?

基本的には。花や草は何でも大丈夫で、今ある庭木でも良いでしょう。

ただ高木などのシンボルツリーには、少し似合わないかもしれません。高さがあると下の石を大きくしないと景観に間を作り、うまく収まらないからです。

花壇の中に納まるくらいの石と背丈が2メートルから0.1メートルぐらいまでの草花をランダムに植えるのがコツです。

ロックガーデンのお花はどうすればいい?

はじめての方が考えるべきデザイン

石の置き方や草花の植え方は、様々な法則性がありますが、お客様自身が作る場合は、このあたりは考えなくても大丈夫。

見た感じや感じたままで良いです。

ヒントを大まかに解説するなら、小さなお庭を作る感じで、テーマと理由があれば良いでしょう。

例えば

  • 「この花はメインに」とか
  • 「この石の形を強調したい」とか
  • 「海に浮かぶ島や岩をイメージする」とか

です、洋風にしたければ、色を華やかにしてあげる事で、かなりいい感じになると思います。

テーマを決めてみよう

新たにロックガーデンを作る場合のTIPS

New Rock garden

新たにロックガーデンを作る場合は、石を積むこともあります。

石積み花壇を作るのには、少し技術が必要です。

ここは、プロに任せてしまってもよいかもしれません。

石と石がかみ合うように積んでいき、一段積んでまた一段積むより、一番上の石を意識して仕上げながら進んで行かないと、なかなかシックリこないものになります。

石の良さは月日が経っても、変わらないというか、もっと良くなります。

例えば、ブロックなどで積んだ花壇は月日が経つと、汚れがついたり、カビが生えたりと見栄えが悪くなります。洗えばいいのですが、とても面倒だと思います。 一方、石は月日が経つことにより苔や汚れがいい味を出してくれます。

経年美観と言って、末永く楽しめるものです。

そして石積みは地震にも強く頑丈で、自然のものなので見ているだけで、癒されます。

アンティークレンガもオススメ

今では、アンティークなレンガなどが持て囃されていますが、これなんかも経年美観にあてはまるものです。

石は温度が変わりづらく、夏には手で触れると気持ちがいいです、大谷石などは崩れやすいため、今では使わなくなりましたが、マイナスイオンを出すので、洗濯物を干す下に敷くと、気持ちの良い肌着を着れますよ。

ロックガーデンの費用はいくら必要?

fee

今ある花壇に石を置いて、ロックガーデンを作る時はとてもリーズナブルに作れます。

1㎡では25,000円が相場

またその時に植栽や配置換えなどがある場合は別ですが、そんなにお金が掛かるものではありません。

今ある花壇を壊して、石を積んで花壇をつくり、ロックガーデンをするのには、0.3m³(1500×450×450)で30万円ほどの予算をみておきましょう。

私が作ったロックガーデンのデザイン事例と費用・5つを紹介

1. ビアガーデンの花壇

ビアガーデンの花壇

テーマは都会のオアシス。今ある木や草を活かす方法です。

面積
費用(税別)
材料
10m2
20万円
枯木撤去
イエローストーン
ニューサイラン、ブルーパシフィック、西洋岩ナンテン、グミトリカラ―、マホニアコンフーサ

2. マンションの新設ロックガーデン

マンションのロックガーデン

テーマはドライガーデンです、出張が多く家を開ける事が多く、手間の掛からないようにしました。

面積
費用(税別)
材料
1.3m3
30万円
木曽石、レンガチップ、多肉植物、サボテン

3. 新築戸建ての新設ロックガーデン

新築戸建のロックガーデン

テーマ アリゾナ砂漠のオアシスです、手間いらずの虫が付きにくい植物にしました。

面積
費用(税別)
材料
1.2m2
30万円
木曽石、流木、乱形石
サボテン、ミント、ローズマリー、ブルーパシフィック

4. お店の花壇 新設ロックガーデン

お店の花壇をロックガーデンに

テーマは料理に使える植物と和風のロックガーデン。

面積
費用(税別)
材料
0.5m2
30万円
既存樹木とブロックを撤去
戸隠石、六方石、イエローストーン、化粧砂利
スポットライト
サンショノキ、ハラン、マホニアコンフーサ、ナンテン、ツゲ玉

5. 新築戸建ての南国風ロックガーデン

南国風のロックガーデン

テーマ 南国リゾート風ロックガーデン、彩を強調した、賑やかなロックガーデンです。

面積
費用(税別)
材料
1.2m2
35万円
戸隠石、おがせ石、ミカモ石、イエローストーン
ソテツ、コルジェリア、ニューサイラン、マホニアコンフーサ、ユウゲツラン、西洋岩ナンテン、ハーブ

ロックガーデンを検討している方へ

Message

家の前に花壇はあるけど名も知らない庭木が植わったままで、手入れもできないぐらい今は忙しく、毎日に追われている。

夫婦共働きなので、なかなか時間が取れない方や、いつも花壇に水をあげながら、違和感や疑問を抱いては、スマホを片手に検索しては、何かいい方法がないか考えている人のために、その解消法について、ロックガーデン造園家からお伝えしました。

家の前にある普通の花壇は、人を迎えるモノです。

また、ロックガーデンはお庭の中に作る事も出来るのものです。

時間の限られるが多い現代にマッチした花壇作りにロックガーデンは最適です。

そこに作るだけで癒され、小さな幸せを感じて、季節や天候によっても変わりゆく、そのロックガーデンは確かな未来を築くリーズナブルな方法ですよ。

新築の庭づくり・よくある質問

FAQ
Q石はどこで集める?
A自分で作りたい方は、ホームセンターでも売っています、もし気に入ったものがない、運ぶのがしんどいなど有りましたら、造園家イイダが承ります。
Q管理はいらないの?
A手間いらずにするのには、多肉植物やサボテンにしてドライガーデンにしましょう。
Qレイアウトと注意する点
A基本法則がありますが、テーマを決めてみましょう!